N-VANを中古車で狙っているなら、コレをチェックしないと損…!

ホンダの軽バンとして発売されてから

かなり評判の良いN-VAN!

 

座席がフルフラットになったり、

ドアの開閉口が大きくて荷物の積み入れが楽だったり

積載量の多さがバツグンといった評判の声を聞いて

購入を検討されている方が右肩上がりなようですね。

 

そんなホンダのN-VAN、

中古車情報誌などでも新古車状態のものが

ちょくちょく出てきていたりしますが、

中古車としてN-VANを購入する場合は

「コレをチェックしないと、損してしまう…!」

という情報について書いてみたいと思います。

 

大体の場合、中古車を探すときって、

・ネットの中古車情報サイト(カーセンサーやグー)
・中古車情報誌(これまたカーセンサーやグー)

を見て、「N-VANのいい中古、ないかな~」と探される場合が多いと思うんですね。

 

しかし、実は

中古車市場には「非公開車両=カーセンサーやグーなどに載ってない車両」

というのが、実に数百万台レベルであったりするんですね。

みんな、程度が良くて安い中古車が欲しいと思うのですが、

そういった良品の中古車は非公開にして

売りたい中古車=程度の悪い車から公開して売り始める

といった業界の流れがあります。

(程度が良いものを先に出すと、プレス行の車が増えすぎるため)

 

この非公開車両の情報というのは

通常は業者でしか知り得ることが出来ないのですが、

・無料会員登録すると、優先的に非公開車両の情報をゲットできる!

といったサービスがあること、ご存じでしたでしょうか!?

 

ホンダのN-VANも例外ではなく、

本当に程度の良いもので安い中古は、これからドンドンと

非公開車両の方に回されていくことが予想されます。

 

そんな中、非公開車両の情報を教えてくれるサービスを使っておくと

・程度が良くて
・価格が安い
・本当の良品のN-VANに出会うことが出来る!

といった、あなたの希望を良い意味で

大きく裏切ってくれるN-VANに出会える可能性がありますので、

今回は、新しい中古車の探し方として

ご紹介させて頂きました。

 

N-VANの非公開情報をゲットする>>

 

 

個人事業主で車を持つなら、リースが経費の面で便利。

個人事業主の方で車の購入をお考えの場合、

・車を買ったら、経費になる?

という所、1番気になりますよね。

 

ネットではこの手の情報はたくさんあって

・按分=仕事で使った分だけ経費計上できる

という事がよく目につきます。

 

少し余裕のある個人事業主の方ならこれでも納得するかもしれませんが

なんとしても経費計上してやりくりしたい個人事業主の方の場合は

圧倒的に『リース』を選択した方が良かったりします。

理由は単純明快で

・全てを経費計上できるから

なんですね。

車 個人事業主 経費

万が一、税務調査に入られた場合など

私用と仕事の境目が難しく

税務官も執拗にそこを攻めてきて

結局は追徴課税になるのがオチという。

 

その点、リースの場合は

仕事で借りる前提なので合法的に完全に

全額を経費計上できて、突っ込まれることもなく

大きな節税が出来ますのでオススメです。

 

『個人の所有物』

として車のオーナーになることこそ

本当は満足感の得られる感覚なのかもしれませんが

経費計上が気になる以上は

・今はまだ早い。

という事だったりもすると思いますし、

もしリースだったとしても「自分の車」と言ってしまえば

周りにバレることなんてありませんので

大金持ちではない個人事業主の方は

節税も考えてリースをオススメします!

(決してリース業者の回し者ではありませんw)

 

クロスビー(スズキ)の中古車を狙うなら、この方法がお得!

コンパクトカーの新しいスタイルを

提案し続けているスズキから出たクロスビー、

新車だとまぁまぁ高いので

中古車を狙っている方も多いようですね。

 

そんなスズキのクロスビーですが

程度の良い中古車を狙うなら

・非公開情報から探す!

というのが、お得&程度の良いクロスビーが見つかる可能性が高くてオススメです!

 

どういう事かと言いますと、

中古車市場にはグーやカーセンサーなどには載っていないような

非公開車両というのが数十万台というレベルで存在するんですね。

中古車市場側からすると、

・程度が良くてお得な中古車をドンドンと市場に投入すると…

・程度の悪い&高い車両が売れなくて…

・プレス行きの車が増えすぎる
=中古車市場が回らなくなる

といった事情があるので、

わざと出し惜しみしているといった事があります。

 

そんな中、無料で会員になると

・程度が良くてお得な中古車の情報が…

・他の人より先行して知ることができる!

といったサービスがありまして、

これを利用するのが、程度がよくてお得なクロスビーを見つける

最大にして最高に効率の良い方法だったりします。

 

「クロスビー、もう少しだけ安かったら考えるのにな…」

と思われていらっしゃった方にはうってつけのサービスだと感じましたので

ご紹介させて頂きました=b

 

クロスビーの非公開情報をゲット>>

 

 

車、残クレで買うのはデメリットだらけ?

欲しい車があっても予算的に厳しいとき、

購入するひとつの方法として「残クレ=残価設定クレジット」

という選択肢もありますが、

やっぱり残クレはデメリットが多いことが分かりました。

 

残クレで車を買うデメリットを簡潔に挙げてみますと

・最終的に、ディーラーで組むローンより高くなる
・走行距離の制限がある
・事故をすると、(3~5年後に契約が切れる時の)査定に影響する
etc…

といった所が大きなデメリットとして挙げられます。

 

残クレのメリットとしては

・月々の支払額が安い

といった所がありますが、長い目でみると

支払い額は多いのでメリットと言い切れる?となってしまうとも感じました。

 

もし、どうしても欲しい車を手に入れたいときは

・普通にディーラーでローンを組む

方がトータルで費用を抑えられますし、

とりあえず車を手元に置いておきたい場合は

・カーシェアリング
・レンタカー
・安い中古車

を選ぶといった選択肢もありますので、

視野を広くもった方がいいかもしれませんね。

 

このブログを書かせて頂いている管理人の知人も

残クレで車を購入したのですが、

・残クレ、やめとけばよかった

と言っていて、残クレに対する口コミとして

このひと言に凝縮されているような気もしましたので

ブログでご紹介させて頂きました。

 

マツダCX-8の人気が爆発中!新車の値引きは厳しい?

発売前の予想をはるかに超えて、

マツダCX-8の人気、爆発中ですね!

 

ファミリーカーよりもCX-8を狙っているお父さんも多いと思いますが、

「もう少し、安かったらな~」

という所で、中々手が伸びない方もいらっしゃるのではないかなと…!

 

2018年4月現在、CX-8の値引き額の相場は

・10万円程度

というのが相場になっていて、しばらくはこの値引き額が続くだろうと予想されています。

 

しかし今、マイカーを持っている方は『大幅な、実質値引きが可能』だったりするんですね。

 

どういう事かと言いますと、新車の支払額というのは

・CX-8車両価格+オプション-値引き額-マイカー買取額=支払額

になるので、

・マイカーの買取額を上げると、総支払額を抑えられる!

といった事ができるんです。

 

新車を購入する場合、そのままディーラーに下取りに出すケースが多いと思うのですが

・ディーラーには、5~7年以上落ちの車には値を付けない『規則』がある
=それを隠して、さも値引き額を大きくしたように見せる営業をしてくる

といった事があるんですね。

 

つまりは『ディーラー下取りには出さない方がいい』といった事です。(損します。)

ディーラー下取りと比較して、買取専門店に依頼した場合は

・中古車の販売ルートが多岐に渡るため、かなり高値が付きやすい

といった事があるので、車を手放す時には買取専門店に査定を依頼するのがテッパンだったり。

でも、ここで問題なのが

・一社ずつ、査定をお願いしていかないといけない
・そして査定額を『自分で』比較して、検討していかないといけない

といった手間が発生してしまいます。

 

そんな時に便利なのが、中古車の一括査定サービスです=b

 

このブログを書かせて頂いている管理人は、以前トヨタのアクアに乗っていたのですが、

・ディーラー下取り価格→70万円
・一括査定で最高値を付けてくれた業者→150万円

と、なんと2倍以上の買取額で買取ってくれたという…!

 

この無料一括査定サービス、利用するだけは

・完全無料

なので、

・CX-8欲しいな~、でも値引き額が…

という場合には、一度試しておいて損の無いものだったりしますので

ご紹介させて頂きました=b

 


買取額の相場表示サービス有!

 

かんたん車査定ガイドを使ってみる>>