時給や月給で働く人は貧乏になる?これから生き抜く術は。

時給や月給で働く人は貧乏になる…

こういった記事、最近は嫌でも目についてしまいます。

 

普通に義務教育を受けて高校・大学と卒業すれば

どこかに就職したり、はたまたバイトや派遣で働いたりして

俗にいう「勤め人」になってしまいますよね。

 

その中でも、公務員は安定していると言われていたりしますが

先輩が中々衝撃的なことを言っていたんですね。

 

それは、

「公務員が安定しているってのは幻想。

健康体で大学でてから定年まで毎日通い続けたら

予定通りのお金が貰えるんだから。

人生、何があるか分からないのにこれが安定とは言えないだろ。

本当の安定は『すでに、一生分生きられるお金を持っている』事だと思うな。

そうなると、経営者なり自営業の方が安定に近いと思う。」

と。

 

時給で働く=時間を売る

訳ですが、例えばアルバイトの場合

900円×8時間×22日=158,400円

となる訳で、こんなんって本当に最低限の生活をギリギリ営むしか出来なくて

余裕なんて作れないし、

月給30万円のサラリーマンだって、実際はなんだかんだ引かれて

手取り23万円くらいになって。

これでも家庭を持つなんてできない訳で。

 

こういった形態で働いていると

何かが起こった時(病気や事故など)に

一瞬にして貯金が吹っ飛ぶわけですし、

立て直そうとすると年単位での話になるので

間違いなく貧乏になっていく訳で。

 

これをカバーしようとさらに時給で働いたりすると

あなたの貴重な人生の時間がどんどん削り取られていく訳で。

 

こうなると、本当にどこかに属さなくても

生きていける術を何とか手に入れないと

少しだけでも自由な生活は送れないというのが

多くの人の現実だったり。

 

投資などは資金があってやる話なので

時間に捉われずにお金が少しでも発生する仕組みというのは

確実に作っていかないと、これからの時代

更に生きにくくなると感じたので

思うがままブログに書かせて頂きました…!

 

青ひげをピンセットで抜き続けた末路…。

男は、ひげが生えてくるもの。

 

毎日剃るっていうのは

・朝の時間を奪っていく
・剃り残しがあると、かえって不潔にみられる
・剃り続けていると、夕方とかにはひげが生えてきてしまう
etc…

といったデメリットがあると感じていたので

管理人はこまめにピンセットでひげを抜き続けていました。

 

この事に何の疑問も持っていなかったというか、

「自力で手間のかかる事やってるんだから、むしろ良いだろう!」

なんて思っていたのですが、これは大きな間違いだったんですね…!

 

というのも、ピンセットで青ひげを抜き続けたときのデメリットとして

・毛根から抜いているけれども、毛乳頭は生きているのでスグに生えてくる
・埋没毛といって、皮膚の中にひげが埋もれてしまう症状が出る
etc…

といった事が一般的に言われていたりするのですが、

・見事に、埋没毛だらけになってしまいました…!

 

というのが、ピンセットで青ひげを抜き続けた結果として出てきてしまいました。

 

埋没毛になったら、具体的にどうなるかと言いますと

・ほくろのように、黒いポツポツだらけになるという…!
・埋没毛を無理に抜こうとすると、思ったより長く伸びてて気持ち悪い…
・皮膚へのダメージが結構なものになってくる
(肌の表面の皮が、破れまくるという…)

といった感じで、今では肌の状態が

男でも気になってしまうほどになってしまいました…泣

 

なので、青ひげが気になってピンセットで抜いていた方は

すぐに中止することをオススメします…!

 

そして、ひげを剃るのが嫌な場合は

クリニックなどでひげ脱毛をするしかないと明確に分かりましたので

合わせて書かせて頂きました…!