車、残クレで買うのはデメリットだらけ?

欲しい車があっても予算的に厳しいとき、

購入するひとつの方法として「残クレ=残価設定クレジット」

という選択肢もありますが、

やっぱり残クレはデメリットが多いことが分かりました。

 

残クレで車を買うデメリットを簡潔に挙げてみますと

・最終的に、ディーラーで組むローンより高くなる
・走行距離の制限がある
・事故をすると、(3~5年後に契約が切れる時の)査定に影響する
etc…

といった所が大きなデメリットとして挙げられます。

 

残クレのメリットとしては

・月々の支払額が安い

といった所がありますが、長い目でみると

支払い額は多いのでメリットと言い切れる?となってしまうとも感じました。

 

もし、どうしても欲しい車を手に入れたいときは

・普通にディーラーでローンを組む

方がトータルで費用を抑えられますし、

とりあえず車を手元に置いておきたい場合は

・カーシェアリング
・レンタカー
・安い中古車

を選ぶといった選択肢もありますので、

視野を広くもった方がいいかもしれませんね。

 

このブログを書かせて頂いている管理人の知人も

残クレで車を購入したのですが、

・残クレ、やめとけばよかった

と言っていて、残クレに対する口コミとして

このひと言に凝縮されているような気もしましたので

ブログでご紹介させて頂きました。