格差社会が露骨な日本で生き延びる対策とは?

このブログを書いている管理人は派遣で働いています。

で、世間では「底辺職」と言われることもある立場です。

 

2018年に入ってから、なんだか

格差社会が露骨になっている感じがするんですね。

 

というのも、

最近ではネットで稼ぎまくっている、いわゆる

・億り人

が増える一方で、30~50代の非正規雇用の人も増えていて

収入に莫大な差があるのは言うまでもなく、

長期休暇を満喫する人がいる一方で

働けど働けどギリギリの生活から抜け出せない人が居るのを見てると、

日々を生きていくのは、もう『戦争』と言っても

過言ではないように感じます。

 

この格差社会、下の方に居る人は

生き延びる対策を真剣に考えていかないと、

将来が見えない不安を抱えたまま

納得のいかない一生を送らなければいけないという

残酷な現実が待っていますよね。

 

では、真剣に格差社会に対する対策を考えると

必然的に「副業をする」という選択肢が出てきます。

この「副業」ですが、実は危険もはらんでいると感じまして、

・時給や日給など、時間を対価にお金を得る

という方法を選択し続けていると、

一時的には収入が増えるかもしれませんが

人生で一番大切な『時間』を今よりも犠牲にする、

という事になってしまいますので、副業を選ぶ時のコツとしては

・時間を対価としない副業に挑戦する

というのが、格差社会を生き延びる対策になると感じています。

 

こういった「時間を対価としない仕事」の場合は

やり始めた頃は1円にもならずに挫折していく人が多い現状がありますが、

報酬が上手く入り出すまで粘ることが出来ると

・時間+お金

という、人生を豊かにする2つを同時に手に入れることが出来ます。

 

副業に挑戦することはとても良いと思うのですが、

・何を選択するか?

という所は、格差社会対策をする上でとても大切になると感じましたので

ブログに書かせて頂きました。